プーケットでのチップについて - プーケット観光情報☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケットでのチップについて

日本人には馴染みの少ないチップ。

いくら渡したらいいのか迷う方もいると思います。

決まったルールはありませんが、
一般的に言われている金額をまとめてみたので
参考にして下さい。

マッサージ・スパ


基本的には1時間50バーツが相場と言われています。

もしマッサージがとても上手だったり、
サービスが良かったりしたらもう少し多く、

反対に、手抜きだったり、態度が悪かったりすれば
20バーツというように調節するのがいいでしょう。

ただし、全くあげないというのは避けた方がいいように思います。


ホテル


枕元に20バーツ札を1、2枚置いておきましょう。

一緒にメモ用紙に「Thank you」などと書いて置いておくと
スマートかもしれません。

ベルボーイなどに荷物を運んでもらった時も
20バーツ札を1、2枚あげるといいと思います。


レストラン


食事の代金は全て紙幣で払って、
そのお釣り、もしくはお釣りの一部をトレーの上に残しましょう。

金額の目安としては、
3000バーツ未満のお食事であれば、
20バーツ札1枚と残りの小銭

3000バーツ以上であれば
お釣りで来た20バーツ札を全部と、残りの小銭でいいでしょう。

サービスチャージがかかるお店ではチップは必要ありませんが
小銭は置いて帰る方がスマートなように思います。
(サービスチャージが掛かるかどうかは、レシートに記載されています。)

屋台やファーストフード店では、チップは不要です。


ゴルフ


キャディへのチップは、18ホールで300バーツが相場。

気の利いたサービスをしてくれたり、
キャディのアドバイスのおかげでスコアが伸びたら、
少し多めにあげるのいいでしょう。


補足


プーケットには、まだ何もサービスを提供してないのに
チップだけを要求してくる不届きな輩がたくさんいるので、
不愉快な思いをすることが多いですが、

基本的には何かサービスを受けた場合には
いくらかチップを渡すようにしましょう。


スポンサードリンク

最安値が一目でわかる!ホテル料金一括比較サイト!!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://happybook1187.blog.fc2.com/tb.php/52-d1c5340a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。