出会い - プーケット観光情報☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い

IMG_1877.jpg
バングラ通りにあるオージーバー。

昨日はプーケットで知り合った旅行者とビリヤードへ。

プーケットに来る前はオーストラリアにワーホリで行っていて、
その後アジアをいくつかまわって、プーケットに来たとのこと。

旅先で誰かと一緒に過ごすということはほとんどないけど、
彼とは共通の話題も多く、すぐに意気投合したので、
もっと話してみたいと思って、飲みに誘った。

ビリヤードをほどほどにやって、
その後はお互いの人生や夢について語る。

バックパッカーや長期の旅行者は
やたらと人生や夢について語りたがると
ネット上などで揶揄されてるのを見たことがある。

確かに、結婚もせずに、定職にもつかずに
何が人生だ、夢だっていうのは、至極当然な意見だと思う。


ただ、日本のサラリーマンの人たちは、
人生の目的や意味、喜び、夢などについて考えることから
目を背けすぎてるんじゃないだろうか?

自分たちのような長期の旅行者には、
幸いそういったことについて考える時間が豊富にある。

逆に言えば、それ以外に特にやらなければならないということがないので
自分が本当にやりたいことは何なのか?など、
そんなことばかりを、カフェやビーチ、ゲストハウスの一室で考えてる。


しかし、答えは出ない。

人生って難しいっていう結論に至る。


それでもやはり、また旅に出てまた考える。

時には満天の星空の下で、車を路肩に寄せて、
星を眺めながら、コーヒーを沸かして飲んだり、

そうしてると、トラックのおっちゃんが
「お前らガス欠か?だったら乗れよ」って声をかけてくれて
ほっこりして、一緒にコーヒーをのんで、またほっこりしたり。

ドイツ人の超綺麗なお姉ちゃんに恋をしてみたり、
そのお姉ちゃんにまた別の場所で再会して、
勝手に運命だと勘違いして、やっぱり単なる偶然だったり。

本当にまれにだけど、本当に美しい景色に出会ったり、
心が震えるほど感動する場面に出くわすことがある。

そういったことがあるから、またその感動、喜びを求めて
旅に出てしまう。


っていうようなとりとめもない話を、プールバーを後にして、
ビーチに座って、男二人で夜中まで語ってました。


10年一緒に過ごしてもまったく分かり合えない人もいるのに
少し話しただけでも深く分かり合える人もいる。

そんな人に会えることがあるから、やっぱり旅はやめられない。

これからもたくさんの場所、たくさんの人たちに会って行きたい!


スポンサードリンク

最安値が一目でわかる!ホテル料金一括比較サイト!!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://happybook1187.blog.fc2.com/tb.php/39-8e42ccc3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。