ピピ島のお勧めホテル - プーケット観光情報☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピピ島のお勧めホテル

10870_1210201248007820647_STD.jpg

映画「ザビーチ」の舞台になったことで、
一躍プーケットで一番有名な島になった「ピピ島」。

日帰りツアーで行くのもいいですが、
ピピ島ではあまりゆっくり出来ません。

ピピ島の良さを堪能するなら、
やはり宿泊されることをお勧めします。

昼間は人が多すぎて、騒がしいピピ島も
夜になると静けさを取り戻し、
プーケット本島にはなくなった、
牧歌的な雰囲気が味わえます。

いくつか自分のお気に入りのホテルを
リストアップしたので、参考にされてください。

トンサイベイ周辺


トンサイベイは桟橋からも近く、
ピピ島の中心なので、
食事や買い物など何をするにも便利。

ピピ島の中心地でもあるので、
夜中まで音楽が鳴り響いてて、少しうるさい。


ピピホテル

48984_080913000100114801_STD.jpg 48984_1008181145003226584_STD.jpg
桟橋から歩いて5分とアクセスが便利。ピピ島に初めて泊まる方にお勧め。
宿泊者による口コミ


ピピバンヤンヴィラホテル

1000084_643789222298641_516294605_n.jpg 48983_080913000100114928_STD.jpg
ピピ島の中心にあり、ロケーションが最高。目の前が海なので、レストランからの
眺めも抜群。
宿泊者による口コミ


ピピアイランドカバナホテル

10869_1102241603003800801_STD.jpg 10869_080923145000197114_STD.jpg
プールから目の前のビーチが眺められて、景色が素晴らしい。トンサイベイで少し
高級なホテルに泊まるならここ!
宿泊者による口コミ


ローダラムベイ周辺


桟橋からは歩いて15分くらい。

トンサイベイの真裏側に位置する。

このあたりまで来るととても静かで
緑もたくさんあって、自然を満喫できる。


ピピカシタホテル

89880_080913000100126030_STD.jpg 89880_080913000100126041_STD.jpg
中心からは離れているので、とても静か。バンガローは可愛らしく、女の子同士や
カップルでのお泊りにお勧め。
宿泊者による口コミ


アラヤブリリゾート

52126_1212040539008931521_STD.jpg 52126_111027111642341_STD.jpg
トンサイベイの喧騒からは離れていて、でも徒歩圏内なので、ナイトライフも堪能できる。
宿泊者による口コミ


レムトンビーチ周辺


ピピドン島の北端にあるレムトンビーチは、
ローカルレストランと売店があるだけで、
他には何もありません。

なので、ただひたすら
ゆっくり、のんびり過ごしたい方にお勧め。

ただし、トンサイベイからロングテールボートを
乗り継いで行く必要があるので、
レムトンビーチにホテルを取られる方は注意してください。

ホテルによっては、
トンサイベイからのロングテールボートを
有料で手配してくれるので、予め確認しておきましょう。

そうでなければ、
アンダマンウェーブという会社が
プーケットからレムトンビーチまでの船を
やっているので、そちらを利用してください。


アウトリガーピピアイランドリゾート&スパ

10870_1210201248007820647_STD.jpg 10870_121031171211378_STD.jpg
至福の時間を過ごすことが出来る、極上のホテル。
宿泊者による口コミ


ホリデーインリゾートピピアイランド

10868_130118105037264_STD.jpg 10868_130118110711676_STD.jpg
ご家族連れで、ピピ島で静かにゆっくり休日をのんびりしたいという方にお勧め。
宿泊者による口コミ


ピピエラワンパームスリゾート

48415_111207160258750_STD.jpg 48415_13081410030014287414_STD.jpg
プールから望むビーチも美しく、日常の喧騒から全て解き放ってくれる最高のホテル。
お勧めです。
宿泊者の口コミ


スポンサードリンク

最安値が一目でわかる!ホテル料金一括比較サイト!!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://happybook1187.blog.fc2.com/tb.php/126-7e988334

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。